冬はお肌に大敵の「乾燥」の季節。
適切な保湿ケアで
冬は、肌が冷えることで肌の機能が鈍ったり、血行不良になったり、皮ふの活力が低下したりして、「乾燥」「肌あれ」が進んでしまいます。肌内部の働きが低下することで、「しわ」「はりのなさ」「くすみ」につながります。さらに、暖房の効いた室内で過ごすことにより、肌の水分が奪われ「乾燥」に追い打ちをかける状態に。乾燥した肌はどんどん敏感になり、いつものスキンケアが刺激になる可能性もあります。日頃から十分なうるおいを与えつつ、水分をしっかりキープすることで肌を健やかな状態を保つことが大切です。